読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zubora-susume’s diary

ずぼら主婦ずーぼらです、どうもm(_ _)m。日々のレシピと子供たちのあれこれを綴ってます。

結婚しても恋愛は続いてく

喧嘩のだんまり競争に負けて、旦那さんにラインしたずーぼらです、こんばんはm(_ _)m

ラインに感謝です。とくに喧嘩しちゃったときとか。メールだと読んだのに無視されてるのか、へんな勘ぐりが入って疲れるので、既読のつくつかないは有り難いです。まぁ、既読スルーされたらそれはそれで落ち込むんだけどね。。

ずーぼら反省しないといけないのかなぁと。。
結婚すると、もう恋愛終わりってスタンスでかんがえてたんだけど、それぢゃあかんようです。
旦那さんにとったら、ずーぼらは母ではなく彼女である必要があると。
ずーぼらは、不器用なんで、母業して、奥さん業して、彼女業するとかうまくできないんですよね。
子供たちいたら、常に母業してるわけで。
母業と彼女業なんて違いすぎません?!
母業は、女押し殺してこなさないといけないし、
彼女業は逆に女をだしていかないといけないし。
ずーぼらそんな器用なことはできんのです。
頭も悪いのでなおのこと。

でも、それぢゃ旦那さんは足りんそうです。
そーですよね、旦那さんの周りには既婚者もいれば、独身の方もいるわけで、いろんな出会いがあったら、ずーぼらと比較したりするわけですよ。
一般的にいう30代女の子の花盛りですよね。
もう、熟れてて食べ頃、真っ只中。
それにくらべ、女子力が皆無のずーぼら、さらに母路線まっしぐら、もの足りなさ感じて当たり前ですよね。

ずーぼらは男子禁制の主婦社会に生き、
恋愛話タブーな社会にしかいないわけで、女より母はわけです、やっぱり。日々、ますます女よりか母に磨きがかかるわけで。。

旦那さんの求める姿とはかけ離れていくわけですね。
器用にできないずーぼらは、旦那さんの前では女を押し出し、彼女に変身!!なんてできんのです。

もう思考回路が常に母ですし、女も忘れてます。旦那さんはもう手には入っちゃったので、アピールして頑張る必要も皆無。と、思ってからね。

でも、違ったのね(´Д`)ハァ…
これではいけないんですよねぇ。。

ずーぼら、女な部分を押した自分とか、想像しただけで、キモい。。完全に自分でひくレベルなんですけど。どうしたらいいんでしょうね。

でも、旦那さんとは一緒にいたいっては思うですよ。やっぱり好きですしね。

とりあえず、恋愛とか、カップルを恋愛小説でも読んで思い出そうと思います。
もー、そんな感覚すら覚えてないレベルだからね( ´∀`;;)

結婚したら、安泰と思ってたけど
違いましたね。。
むしろ、自由に恋愛はできないのに、恋愛は続けていかないといけないっていう。
上手くいかなくても、相手変えることできないし、自分が、変わるしかないっていうんだから、難易度増してないか?!

泣きたい気分やわ(T^T)


長いくだらないずーぼらの独り言に付き合っいただきありがとうございましたm(_ _)m

        by ずーぼら